2009年03月05日

簡単な落書きが精神的な負担を減らし集中力を保つ

私の友人は電話で会話中、メモを取るでもなくイラストのようなものを書く癖があって、これまでは『話しながらでも上手く絵が描けるな』と、変なところで関心していたのですが、とある科学者の研究によると、落書きと記憶力に関係があることが判明したそうです。

ただし厳密には会議中の落書きと記憶力の関係。

この研究によると、会議中に落書きをしていた人を仮にA、落書きをしていなかった人をBとすると、会議終了後にその内容を聞いたところ、Aの方、つまり会議中に落書きをしていた人の方が会議の内容を思い出せたそうです。

もしかしたら、学生時代にクラスで一人くらいはよくやる教科書への落書きも同じような効果を得られるのかも?

なお、今回の実験で『落書き』としておこなわれたのは、箱のような簡単な絵に影をつけるといった実に簡単なイラストだそうで、本格的に絵を描いても同じ効果が得られるとは限らなそう。


【人気記事】
今日から使える実践的ショウガの皮講座
誰も知らなかったちょこっと棚上げ
文庫本ノートの世界
posted by tamaki at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115189227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。