2009年01月15日

こんなご時勢だから気をつけたい仕事の話3つのコツ

私の周囲には世間話が苦手という方が何人かいらっしゃいます。

個人的には人の話を聞くのが好きなので、どんな話でも聞かせてもらえると嬉しい方だったりするのですが、『仕事の話は自慢話が多くて嫌!』と言う話を時々耳にします。

そこで、仕事の話をする時に気をつける3つのポイントを以下に。


1.仕事について、聞かれるまで話さない。

日頃の生活に公私があるように、ONとOFFの使い分けはとても大事に思います。
なので、自分から進んで仕事の話をするのは一歩間違えると強引にONのスイッチを押すようなもの。
相手から『お仕事はなにを?』や、『仕事は何をやってるの?』と聞かれるまでは自分から話さないようにしています。


2.相手の存在を意識すること。

会話は相手と自分があって初めて成立するので、一方的に自分の仕事の話をすると、愚痴や自慢と取られることが多くなります。
相手が話せるタイミングを大切に、一方的に話を進めると相手を困らせてしまうことがあります。


3.相手の反応に期待しないこと。

お互い初対面同士で仕事の話をすれば、どこか良い点を見つけて褒めたり、仕事上の苦労などを理解した言葉をかけるのも一つの社交辞令です。どんな仕事でも苦労はつき物、うかつに『そうなんですよ』と自慢話や苦労話を重ねると場の空気が重くなってしまう事が多々。


以上、手短にまとめてみましたが、『こんなところを注意しているよ』等ありましたら、コメントお願いします。


【人気記事】
1.自身と現実に向き合う方法
2.誰も知らなかったちょこっと棚上げ
posted by tamaki at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/112645325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。